2012年10月18日

所得税その2〜期中消費額〜

今回はその1で見た包括所得概念の式
 (所得税法その1はコチラ

 所得額=期中消費額+期中純資産増加額

この右辺の「期中消費額」についてです



期中消費額とはそのまま期中に消費した額のことですが、
どこからどこまでを「消費」と考えるのでしょうか?

普通に考えてみれば、
お金を使って財やサービスを享受することが消費だ となるかもしれません
ですがここではもっと広い意味で捉えます


例えば1000円分の食料を買って、ぜんぶ食べたとします
これはもちろん「消費」ですよね

しかし仮にこれらを人にあげた場合、あるいは捨てた場合はどうでしょう?
これらの場合でも、これは「消費」と考えられます

このような消費額が、式の右辺にある「期中消費額」に加算されます



続きを読む
posted by きるぼる at 23:59| Comment(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。