2012年11月13日

2級 第127回 1

1)増資に当たって1株につき80000円で新株を発行した。但し、定款に記載された発行可能株式総数は4000株であり、会社設立時に1000株発行していたので、今回は発行可能な株式数の上限まで発行し、その株全てについて引き受け、払い込みを受けた。払込金は当座預金とし、会社法における最低限度額を資本金に計上した。なお、増資のために要した手数料3000000円は現金で支払った。


・株式発行の処理の問題です


今回発行している株式数は3000株なので、発行し当座預金とした金額は
@80000円×3000株=240000000円  です

また、「会社法における最低限度額を資本金に計上した」とあります
会社法における最低限度額は、払込金の2分の1なので
・払込金の半額を、資本金
・もう半分を、資本準備金を使って処理します

また増資時の手数料は、株式交付費を使います



当座預金 240000000|資本金    120000000
                 |資本準備金 120000000
株式交付費  3000000|現金       3000000



続きを読む
posted by きるぼる at 11:34| Comment(0) | 日商簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2級 第126回 1

1)かねて振り出していた約束手形200000円について、得意先の倒産により支払期日までに資金を用立てることが難しくなったため、手形の所持人である大分商店に対して手形の更改を申し入れ、同店の了承を得て、旧手形と交換して、新手形を振り出した。なお、支払期日延長に伴う利息4000円は現金で支払った。


・手形の更改の処理の問題です


手形の更改では、借り方貸し方両方に同じ勘定を計上します
嘘くさいですが本当です



支払手形 200000|支払手形 200000
支払利息   4000|現金      4000



続きを読む
posted by きるぼる at 11:24| Comment(0) | 日商簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2級 第125回 1

1)決算日において、当年度に属する役員賞与300000円を見積もり計上する。なお当社は、株主総会において役員賞与の支給に関する議案の承認を受けることとしている。


・役員賞与引当金の処理の問題です



役員賞与引当金繰入 300000|役員賞与引当金 300000



続きを読む
posted by きるぼる at 11:08| Comment(0) | 日商簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2級 第124回 1

1)当期首に営業用建物(取得原価5000000円、残存価額500000円、耐用年数20年、定額法による原価昇格、間接法により記帳)の修繕を行い、代金700000円のうち400000円については小切手を振り出して支払い、残額は月末に支払うことにした。なお、このうち250000円については建物の耐震構造を強化する効果があると認められた。また、修繕引当金の残高は300000円である。


・有形固定資産の修繕の処理の問題です


問題の「250000円については建物の耐震構造を強化する効果があると認められた」
については、建物の価値を高めるものなので修繕費とせず、建物の増加として処理します



修繕引当金 300000|当座預金 400000
建物      250000|未払金  300000
修繕費    150000|



続きを読む
posted by きるぼる at 10:48| Comment(0) | 日商簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2級 第123回 1

1)決算に際して当座預金勘定の残高を確認したところ、当社の帳簿残高は687000円であり、銀行側の残高証明の金額は984000円であった。残高の不一致の原因として次の事実が判明したので、修正の処理を行った。(@:受取手形の支払期日到来に伴い、銀行で回収した額135000円が当方に未達であった。 A:買掛金の支払いのために振り出した小切手94000円が決算日現在銀行への呈示がなされていなかった。 B:備品購入に関わる未払い金支払いのために振り出した小切手68000円が、見渡しのまま経理部の金庫に保管されていた)


・当座預金残高の修正の処理の問題です



@:銀行で済んでいる処理が当方に未達(連絡未通知)ということなので修正します

当座預金 135000|受取手形 135000



A:取引先に振り出した小切手が、まだ銀行に持っていかれていない(未取付小切手)ということなので、当方の修正は無く、銀行側のみの修正項目となります



B:取引先に振り出した小切手が、まだ取引先に渡されていない(未渡小切手)ということなので修正します

行われている仕訳の逆仕訳をすることで打ち消します

当座預金 68000|未払金 68000



Aの未取付小切手とBの見渡小切手の区別がつきにくいかもしれませんが、
問題文に「銀行への提示が〜」や「見渡しのまま〜」などの鍵があるので注意して読みましょう



続きを読む
posted by きるぼる at 10:18| Comment(0) | 日商簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2級 第122回 1

1)増資を行うため、株式1500株を1株当たり800円の価額で発行し、全額の払い込みを受け払込金は当座預金とした。なお、会社法が認める最低額を資本金とする。


株式の増資の問題です


発行し当座預金とした金額は
1500株×800円=1200000円 となります

また、「会社法が認める最低額を資本金とする」とあります
規定された最低限度額は、払込金の2分の1なので
・払込金の半額を、資本金
・もう半分を、資本準備金を使って処理します


当座預金 1200000|資本金    600000
              |資本準備金 600000



続きを読む
posted by きるぼる at 09:59| Comment(0) | 日商簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。