2013年01月28日

魔導その2

mhgcfxd.jpgohohb.jpg


前回(魔導その1)の続きです

六武カラクリがナチュビ連打してくる環境になったらメイン構築は…というお話






ygyg8yg.jpg

※《魔導書整理》は《魔導書の神判》です



モンスター(15枚)
魔導法士 ジュノン×3枚
魔導書士 バテル×3枚
魔導教士 システィ×2枚
月読命(ツクヨミ)
トラゴエディア×2枚
お注射天使リリー
エフェクト・ヴェーラー×3枚


魔法(23枚)
魔導書院ラメイソン
魔導書の神判×3枚
大嵐
成金ゴブリン×3枚
ヒュグロの魔導書×2枚
ネクロの魔導書
トーラの魔導書×2枚
セフェルの魔導書
サイクロン×3枚
ゲーテの魔導書×2枚
グリモの魔導書×3枚
アルマの魔導書


罠(2枚)
激流葬×2枚





元型からの変更点は次のとおりです

out 一時休戦3 魔導戦士ブレイカー1
in  トラゴエディア2 月読命 お注射天使リリー1



重くなっていた魔法を減らし、対抗手段となるモンスターを投入しています


《トラゴエディア》
既存の魔導ではほぼ必須とされていた防御手段です
(炎星の登場により淘汰されてしまっていますが・・・)
後になって引いてしまうと弱さが目立ちますが、ナチュビの「詰み」を避けるための手段のひとつです


《月読命》
これ1枚ではナチュビを突破できませんが、無力化は可能です
それでもヒュグロと揃えれば十分な攻撃力を持ち、ライオウならば自身のみで突破できます
トラゴエディア同様、奈落の落とし穴にかからないのは利点です
こちらはトーラによって攻撃反応も無視できますね


《お注射天使リリー》
ダメージ計算時にパンプアップする、実質3400のアタッカーです
ただ、これで攻め込むというよりは壁役のイメージが強い気がします
神判から呼び出すモンスターは基本的にはシスティですが、様々な理由でそれが不適当な場合、こちらを立てて牽制しておくこともできます
もちろんナチュビ、ライオウ突破としての意味も大きいです





魔法枠の調整は全然です。神判3も怪しければサイクロン3も怪しい



posted by きるぼる at 15:33| Comment(0) | 遊戯王‐デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。