2013年05月01日

デーモンについて

海外版ADSを導入しまして

uihohi.jpgglohlo.jpg


知人に教わり面白そうだったデーモンデッキを組んでみました




《トリック・デーモン》を起点に各種デーモンでのビートダウンやエクシーズを狙います

しかし《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》の除去能力を使おうにも
《デーモンの将星》でランク6を狙おうにも
墓地がある程度肥えている必要があるのが難点に思います



cxerxdee.jpg




序盤からしっかりとゲームメイクするために、トリックデーモンの補助として
@《終末の騎士》
A《ダーク・グレファー》
B《魔界発現世行きデスガイド》 を使用しています


@終末の騎士について
メリット・・・通常召喚のみで1つアドバンテージを得る。最序盤には最適
デメリット・・・中盤以降の役割がなく、戦闘力が皆無。召喚権がダブると重い

Aダーク・グレファーについて
メリット・・・特殊召喚能力により動きやすい。攻めが早まる
デメリット・・・1枚のみで機能しない

B魔界発現世行きデスガイドについて
メリット・・・核であるトリックデーモンを場に呼ぶ。将星や堕落等、攻めの起点となる
デメリット・・・特になし


何度かデッキを回してみて
個人的には B>A>@ かなと思いました


デスガイドの強力さは相変わらずです
特にアシッドゴーレムで積極的に攻めていけるのがいい感じ
スタンバイフェイズの維持コストで素材のトリックデーモンを落とし
そのまま将星をサーチすることで、アシッドを能動的に排斥することができて便利です


ダークグレファーは特殊召喚可能な点がとても魅力的に感じました
手札の将星やジェネシスが墓地に行って欲しい場面もままあり、好相性かと思います




hiuhub.jpgijrgdse.jpg


《フォトン・スラッシャー》の採用もテンポを意識したものです

非常に召喚権が重く展開力にも乏しいデッキなので、その補助
ならびに序盤の攻め手のひとつとして運用します


また《カメンレオン》の存在も採用理由のひとつとなっています

トリックデーモンを蘇生しブラックローズで流す・・・というだけでは寂しいですので
ランク4、並びにレベル8シンクロにも一役買ってもらいます


レベル4守備力0には《デーモンの騎兵》の存在もありますが
やはり召喚権の問題から1枚のみの採用となっています
メリット効果持ちの19打点ですが、なんとも微妙なポジションです




《伏魔殿−悪魔の迷宮−》は1枚だけ採用中です

最初は何がしたいカードなのかイマイチ分からず採用していませんでしたが
・500パンプ(特に将星が3000になる点)
・堕落の維持条件
・サーチが容易で、且つ将星とのシナジーを望める点

以上から、少なくとも1枚はあるべきカードだと考えるようになりました






今回は以上です

まだまだ触り始めたばかりで、わからないことばかりです



環境をより意識するなら
・よりカメンレオンを重視した構築(クリムゾンブレーダーの為)
・闇のデッキ破壊ウィルスの投入

等々、考えられるかと思います


posted by きるぼる at 23:48| Comment(0) | 遊戯王‐デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。